メイク崩壊で慌てないための対策

きちんとメイクをしていたはずなのに、あちこちメイクが剥げて、ぐっしゃりな顔になっていたなんて経験はありませんか?
20代までの女性なら、スッピンという方法もありますが、年齢を重ねた女性で、スッピンはちょっと・・・と躊躇しちゃいますよね。
そこで、メイク崩壊度を軽減する対策に、スポットを当てたいと思います。
化粧水は、肌がひんやりするまでつけて、充分保湿しましょう。肌をひんやりさせることで毛穴も引き締まります。
火照った肌の上にメイクを施しても、すぐ崩れてしまうだけです。また、乳液後に、余分な脂を少し抑えるようにしておくとファンデーションが馴染みます。
また、Tゾーンのテカリを抑えるために、下地の前にTゾーンにパフを使って部分ケアを施しましょう。
これで、さらっとした質感の肌を演出できます。
それでも崩れてしまった時は、リキッドファンデーションではなく、パウダーファンデーションで軽くはたく程度にしておきましょう。
リキッドの上塗りは厚化粧に見えがちなので要注意です。

ガサガサかかと予防はキレイな姿勢から

夏場は服だけでなく靴もサンダルを履いたりと露出が多くなります。そんな時に、ガサガサが目立つかかとは、ちょっと恥ずかしいですよね。
気になるからと安易に軽石などで、かかとをこすっていたりしませんか?
軽石は、便利なアイテムではありますが、不要な角質だけでなく、必要な角質までも削り肌を傷めてしまうケースがあるので注意しなければなりません。
また、やすりを使う場合は、角質が柔らかくなる入浴後がオススメです。力を入れずに一定方向に動かし除去していきます。削り過ぎは、肌を傷めるので気をつけましょう。
除去が終わった後は、化粧水やハンドクリームなどでしっかり保湿を行っておきましょう。
他には、ジェルを使いかかとの角質を除去するという方法もあります。
かかとの角質は、肌を乾燥させるということや、姿勢が悪い歩き方などを行うことで必要以上に体重の負担がかかることが原因になっているといわれています。
キレイな姿勢を保って歩くことを心がけて、かかともキレイに保ちたいですよね。

意外に使えるダイエット方法

ダイエットでいろいろやってみたという人はたくさんいますよね。私自身、いろいろなダイエット方法を試してきました。

ダイエットをまた初めてみようと考えました、最近ちまたで流行っているダンスをしてみることにしたのです。しかも、そのダンススクールのコーチをしている男性がイケメンだと聞いていたからなおさらやる気になっていました、いざ、行ってみるとかなりのイケメン。入会している人、結構多いな~と思いつつ、みんなこのイケメンにつられて入会しているような気がします。すぐにダンスのレッスンが始まったわけですが、全然ついていけない。私、音楽に全く乗れていないような気がする…。

このままでは…と焦りがかなり見えてきています。しかも、鏡に映る自分の姿が滑稽なこと。もっと痩せていたらあのイケメンにも…なんて不純な動機も混じりつつ続けることになりました。ダンスでのダイエットだけではなくて、家でも少し頑張ってみることにしたのです。ダンスはダンスで、彼のために。最近は、ペットボトルを使った簡単ダイエットを利用しています。お金が掛からなくて、ホントいいダイエット方法ですよ。気になった方はネタリカをご覧ください。痩せようとしているのは、基本的には下半身です。もう少しヒップを小さくしたいですね。