夏野菜しっかり保存して美味しく食べて夏バテ知らず!

夏バテ予防にも役立つ栄養素が沢山含まれている夏野菜は夏場にしっかりとっておきたい食材です。野菜が傷みやすい夏だからこそ、その保存方法についても、きちんと知っておきたいところですね。
ピーマン
ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で。一袋に沢山入れてある場合、1個が痛むと他にも移りやすいので早めに使い切りましょう。
トマト
袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。まだ青味が目立つ場合は、常温でしばらくおいて赤くなってから野菜室がオススメ。
レタス
芯部分に濡らしたキッチンペーパーを添えて、ラップや袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。
オクラ&ズッキーニ・
新聞紙などで包み冷暗所で保存が長持ちします。
ゴーヤ
真っ先に傷んでくる種と中の綿をとり、冷蔵庫で密封保存しましょう。
なす
1個ずつラップでくるんで冷蔵庫の野菜室で保存。
きゅうり
冷蔵庫の野菜室に立てて保存がベスト。牛乳パックを半分に切ったものを使うと保存に便利です。
きちんと保存することで食材を無駄にせず効果的に使っていきたいですね。